×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


regrets
about  log  bookmark

#106
痛いのなんて飛んでいけ。
飛んでいって、あの人に当たれ。
#105
君はいいね、と呟いてから、
それほどそう思っていないことに気付いた。
私は、と言い出してから、
その後に続く言葉が無いことに気付いた。
私は……。
#104
月が出ているから夜の空を見上げた。
何も出ていなくても見上げる人になりたい。
#103
力をちょうだい。
君を力いっぱい殴りつけられる力を。
そんなことを考えなくても大丈夫な力を。
#102
言えることなんてもう何もないと思ってた。
ううん、やっぱり何もないんだ。
でも気持ちだけは溢れ出ようとしているの。
いつでも溢れて切り裂かれそうなの。
#101
100の言葉を読み返すととても胸が痛んで、
それなのにどこか気恥ずかしくて、
なんだかモニターに枕を投げつけたいような変な気分になる。
だから私は、101番目の言葉を書くことにしようと思ったんだ。
なんにも変わらないのが我ながら情けないなあ。